紅花油はコレステロールを下げてアンチエイジングにも効果

油分の摂取は、太る原因につながるとして、油を抜くダイエットが流行したことがあります。しかしながら、それは健康上必要な有効成分であり、不足すると健康被害が表れるようになりました。また女性にとって重要な肌や髪、爪などの艶さえも失われてきてしまうのです。

体型を気にされる方こそ、適切なものを選ぶことが大切で、ダイエットに効果的な働きをしてくれる油の一つが紅花油です。紅花という植物から採取されたオイルですが、不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸を多く含んでいます。オレイン酸には、血中に含まれるコレステロール値を下げる働きがあります。

コレステロール値が高くなると、高脂血症や動脈硬化などの病気にかかるリスクを高めることになるので、症状の改善や予防にもおすすめなのです。
紅花油には、便通を良くする効果もあり、便秘の改善はダイエットや美容で、様々な良い効果をもたらしてくれるでしょう。

それに含まれるオレイン酸は、腸の活動を活性化し、便通を促すよう働きかけます。老化防止に効果的な、ビタミンEも豊富に含まれており、老化の原因、活性酸素の働きを抑制してくれますので、加齢による臓器の衰えを抑えてくれます。

ダイエット中でも、適度な量の油分が必要ですから、食事に必ず取り入れるようにしましょう。ただし、何でもそうですが健康効果を期待しすぎて摂りすぎるのは、おすすめできません。紅花油も過剰に摂りすぎると、中性脂肪が増えてしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ