お茶の一種であるフー茶を飲むと体内で脂肪吸収をブロックしてくれる

フー茶とは、お茶の一種であり、極寒の地域で取れます。プーアール茶がダイエットに高い効果があることは、ご存知かと思いますが、それと同じ黒茶の一種です。中国北部では、このお茶が、日常的に飲まれており、健康維持に役立ってきました。

北部では野菜の生産量が極端に少なく、寒さから身をしのぐため肉や油分が多めの食事が中心です。
そのような食生活を続けていると、生活習慣病リスクが高くなりますが、フー茶のお蔭で、健康を維持することができているのです。

そのような食生活を続けていても、生活習慣病にかかる人が少ないのは、お茶のお蔭といっても過言ではありません。
フー茶は、脂肪に対して頼もしい働きをしてくれ、油分の多い食事と一緒に摂ると、体にそれが吸収されるのを、防いでくれるでしょう。

筋肉のもととなる、アミノ酸を豊富に含んでいます。脂肪を燃焼させるためには、筋肉をつけることが有効ですから、アミノ酸は筋肉の生成を助けてくれるのです。

ビタミンやミネラル類を豊富に含んでいて、そのお茶は発酵させて作られますが、その段階で鉄分やカルシウム、亜鉛などのミネラル類が発生し、さらには消化を助け、脂肪を燃焼させてくれる酵素も同様に作られます。

そのため体に既についてしまっている余分な体脂肪の燃焼や、消化吸収を助けてくれる効果もあるのです。おすすめの飲み方は、食事と一緒に摂ることです。ホットでもアイスでもどちらでも美味しくいただけます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ