ブドウ糖はダイエット中でも欠かせない栄養素の一つである

ダイエットで、糖の摂取を制限する方法をよく耳にします。余分に摂取したそれは、消費されないとやがて脂肪として、体に溜まってしまうからです。また摂りすぎにより、血液中のそれをコントロールする機能が乱れ、糖尿病にかかりやすくなります。

しかしながら、糖は体や脳のエネルギーとなる重要な役割があり、それが不足することで、ダイエット効果を半減させるかもしれないのです。糖は体に取り込まれると、酵素の働きにより、吸収されやすいブドウ糖に変えられます。そして脳を働かせるためのエネルギーとして使われます。

ダイエットでその摂取を極端に制限する方法で、痩せることができたように思われますが、それは体の筋肉が減ることで体重が、落ちたように感じるのです。脳や体のエネルギー源として、ブトウ糖が必要なのですが、それが不足すると、人間にはそれを自ら作り出そうする機能が備わっており、そこで使われるのが、筋肉です。

本来は脂肪を燃焼させるためにも必要な筋肉が、エネルギーを作り出すために使われてしまいます。
そのようなやり方では、健康的に痩せることはできません。ダイエット中でも何でも、バランスよく食べることが大切なのです。

糖分を取らないのではなく、体に吸収されるスピードを遅らせることで、太りにくい体質を作るのがおすすめです。それらを多く含む炭水化物を、最初に食べるのではなく、後で食べるようにすると、体への吸収スピードがゆるやかになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ