プロバイオティクスは乳酸菌の一種で体に良い効果をもたらす

プロバイオティクスは、腸内環境を整えてくれる、微生物の一種です。これが配合されているヨーグルトや健康食品が多く販売されているのを、見かけたことがある人は多いでしょう。腸内にはさまざまな菌が存在しますが、それぞれの菌がバランスよく共存することで、腸の健康を維持することができています。

この微生物は、1989年にイギリスの博士によって発見されました。その働きは腸内に存在する、さまざまな菌のバランスを保ち、腸内の良い環境作りを助けてくれる働きを持っているのです。また腸に存在する菌の中には、体にとって有害な働きをする物があります。

その働きを弱めるのではなく、体に良い働きをしてくれる菌を増やすことで、有害な働きを抑える効果もあるのです。それはヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれています。ただし市販のヨーグルトに関しては、それが配合されていると書かれてある製品に限ります。市販の物の中には、有効な菌が少ない製品もあるからです。

また日本の伝統食である糠漬けや納豆、味噌、キムチにもそれが存在します。比較的身近にある食材に含まれているので、取り入れやすいでしょう。

腸内の環境を整えることは、健康維持や、美容、ダイエットのためにも非常に有効です。しかしながら、その種類によっては、胃酸や胆汁により腸内に届く前に、溶けてしまう物があります。それではせっかくの効果を発揮してもらうことができません。プロバイオティクスを生きた状態のまま、腸に届けることが重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ