不溶性食物繊維の働きとそれが含まれる食べ物について

毎日バナナ1本分以上の便通があることが、健康上望ましいとされています。お通じを良くするために欠かせないのが、食物繊維で、それを働きに応じて2種類に分けることができます。一つが水溶性食物繊維、もう一つが不溶性食物繊維です。

この2つの違いは、その名が示す通り水に溶けるか溶けないかで、その特性により、腸内での働き方にも違いが出てくるのです。前者は腸内に入り込むと水に溶けるので、腸内に溜まっている便を柔らかくしてくれます。

また胃から腸に移る段階でも、消化している食物の水分を取り込み、その粘性を高めます。そのため消化吸収までのスピードがゆっくりとなり、体内への糖質吸収を緩やかにし、お腹がすきにくくなるのです。水溶性の食物繊維を多く含んでいる食品は、リンゴやミカンなどの果物類、キャベツ、大根、こんぶ、わかめです。

後者の不溶性食物繊維は、保水性に優れており、胃や腸で水分を含むと大きく膨張する特徴を持っています。胃でも大きく膨らむため、食べることで満腹感が得やすいのです。ダイエット中にそれを意識してとると、食べすぎることを防げます。それが腸内に達すると、腸を刺激して便が出るのを促してくれるのです。

それは、大豆、ごぼうなどの根菜類、小麦ふすま、穀類に多く含まれています。
どちらのタイプの食物繊維も、体にとっては必要な成分です。どちらかに偏るのではなく、両方をバランスよく取れるような食生活を送るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ