プチ断食で体内にたまった毒素を排出するやり方

健康的に痩せるためには、厳しい食事制限はおすすめできません。しかし短期間食べ物を全く食べない断食を行うことで、体の機能を回復し、痩せやすい体質に改善することができます。一般的に断食を行うのは3日程度なのですが、それよりも短い1日から2日程度のそれを、プチ断食と呼んでいます。

ほとんど食べ物を口にできませんので、3日間も行うのはきついと思いますが、短期間であれば何とか我慢できると思います。
プチ断食は、ただ単に食べ物を食べないのではありません。適切なやり方があり、その通りに実践することで高い効果を得ることができます。

おすすめは週末の金曜、土曜、日曜を使って行うことです。それは準備やその後の回復の事までを考えると、例え断食を行うのが1日でもそれくらいの日数が必要になります。
金曜日は準備の日です。昼食くらいから、食べる物を消化が良い物に替えていきましょう。夕食も脂肪や糖分が多い物は避けるようにします。

そして土曜日に、断食を決行します。基本的には何も食べてはいけないのですが、水分が不足すると脱水症状を起こしてしまい、危険です。それを回避するためには、水分を適宜とることです。また多少空腹を紛らわすために、自分で野菜ジュースやよく煮た野菜スープを作って食べると良いでしょう。

日曜日は、胃腸を回復させる日です。一日断食した胃腸をいきなり、フル稼働させるわけにはいきません。消化の良いおかゆから初めて、徐々に胃腸機能を回復させていきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ