ファセオリンは炭水化物の吸収をブロックしてくれる

一時期、白いんげんを食べるダイエット方法が話題になりました。それに含まれているのが、ファセオリンという成分です。炭水化物を食べると、それが消化酵素の働きにより、分解されて体に吸収されます。それは、炭水化物の分解を主に担っている酵素の働きを弱めて、その消化吸収を緩やかにする効果があります。

それにより、血糖値の急上昇、急降下をコントロールし、腎臓機能をいたわってくれます。糖尿病と診断された方、もしくはその危険性が高い方にもおすすめの食材なのです。ファセオリンを多く含む食品の代表は白いんげんなのですが、食べるときは十分に加熱をしてから食べるようにしましょう。

以前白インゲインダイエットが話題となったすぐ後に、健康被害が出たことが問題となりました。その原因を作ったのが、生の豆に存在するレクチンという成分で、それにより吐き気や胃痛などの被害が相次いで報告されてしまったのです。

レクチンは過熱段階で死滅しますから、十分に火を通した白いんげんであれば食べても問題はありません。健康被害が心配な方は、サプリメントも販売されていますので、そちらからファセオリンを摂取しましょう。

その効果を最も高める食べ方は、食後に摂ることです。それは腸で働きますので、腸の中で取った食事と一緒になるのが理想です。食卓に並べておいて、食事の最後に摂るようにするといいでしょう。サプリメントでとる場合も、食事を済ませてから飲むのがおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ