マスト細胞がアレルギーを引き起こす原因だった

マスト細胞とは、皮膚や気管支、粘膜など、人間の体の外気に触れる部分に多く存在する細胞のことです。近年この細胞の研究が熱心に行われるようになったのは、これがアレルギーを引き起こす原因となることが判明したからです。昔と比較して、アレルギー症状を訴える人の数が増えていると言われています。

医学の発達により、不調の原因が特定しやすくなったことも要因だと考えられます。日本人に最も多いのが、春頃に発症する花粉症です。それに関連する治療法や薬には、高い関心が寄せられています。

アレルギーが起こる原因となる物質、ヒスタミンを生産しているのがマスト細胞なのです。例えば花粉症の方が花粉を吸いこむと、それが粘膜等に存在する細胞に伝わります。そして刺激を受けて、ヒスタミンを発生し、アレルギー症状が出てきてしまうのです。

その結果だけ聞くと、これがあるおかげでアレルギー症状が出ていると思い、その働きを抑えることが、アレルギー症状を抑える方法だと思ってしまうかもしれません。しかしこれは体を異物から守るために、重要な役割を果たしているのです。体を守るための、免疫反応の一種だとも捉えられます。

つまり健康維持のために、欠かせない細胞であることは間違いありません。
これは、別名肥満細胞と呼ばれることがあります。その名前だけ聞くと、体の脂肪の量を調整する役割を持っていると勘違いされる方もいますが、肥満と関係のある働きは持っていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ