ビタミンB12は女性に多い貧血の強い味方

女性は男性と比べて、貧血気味の方が多いです。女性は毎月生理による出血が起こるため、血液が不足しやすくなるのも原因の一つです。そこで、普段から女性は健康維持のためにも、鉄分を多く摂ることをすすめます。また、貧血が起こりやすい方は、ビタミンB12が不足していることも考えられます。

それはビタミンB群の一種であり、赤血球の生成を助けてくれる働きがあります。つまり血が不足している貧血症状の改善や予防にも、高い効果があるのです。一般的な食事をとっている方では、これが不足することは珍しいのですが、ダイエットをしていて偏った食事をされている方は、不足しがちなのです。

ビタミンB12はお肉、レバー、牛乳、チーズなどの食品に多く含まれています。これらの食品は手軽に手に入る食品ばかりですが、カロリーや脂肪分が少し高めということで、ダイエット中にそれらを避ける方が大変多いのです。肉や魚をあえて食べない菜食主義者も、こうしたの食品を口にする機会がほとんどありません。

ところがそれが原因で、赤血球が不足気味となり、貧血を起こしやすい環境を作っているのです。その不足により、貧血症状だけでなく、疲れやすくなる、めまいが起こりやすくなるなどの不調も現れ始めます。

食事制限をしているなら、なおさら普段より摂取エネルギーが少なくなっており、体が疲れやすくなっているはずです。それを補うためにも、ビタミンB12だけはしっかりと摂るようにすることをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ