皮下脂肪型肥満の特徴と、おすすめのダイエット法

脂肪のつき方には、それぞれ特徴があり、2つに大別できます。一つは、内臓の部分にだけたっぷりと脂肪がついている内臓脂肪型肥満、そして体全体に脂肪がついている皮下脂肪型肥満です。それぞれその体型を果物に例えて、前者がリンゴ型、後者が洋ナシ型と表現されることもあります。

洋ナシ型の特性は、体全体、特にお尻、太ももの下半身部分に多く脂肪がついているのが特徴です。男性よりも、女性にこのタイプの方が多く見られます。女性は男性と比較しても筋肉量が少なく、丸みを帯びた体型となります。それは女性ホルモンの働きによるものです。

脂肪は妊娠や出産で必要となるため、一定量ついているのが望ましいのですが、過剰についていると。それがセルライトと呼ばれる固まりとなり。肉割れを起こしてしまいます。このタイプの方に適したダイエット方法は、下半身の筋力アップと、マッサージです。脂肪は冷えると固まる性質がありますので、ダイエットしても落ちにくくなります。

そこで固まったものをほぐして、落としやすくしてあげましょう。セルライト専用のマッサージ器が販売されていますので、それで優しくマッサージを繰り返し、血のめぐりを改善します。そして、ほぐしたそれを燃焼させるには、筋肉を付けることです。

ウォーキングなどの下半身を動かすエクササイズや運動を取り入れて、筋力を増やせば、次第に効果が見られるようになります。下半身だけを集中して引き締めるエクササイズもありますので、取り入れるとさらに引締め効果がアップします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ