ビートファイバーは食物繊維豊富な機能性食品

ビートファイバーとは、甜菜を加工して作られる天然の食物繊維です。その特性は、野菜の食物繊維と似た性質を持ち、腸内環境を整える働きがあることです。食物繊維は、水溶性と不溶性の2タイプに分類することができます。その違いは、読んで字のごとく水に溶けるかどうかにより、体内での働き方が変わってきます。

ビートファイバーは、不溶性の食物繊維であり、胃腸で水分を吸収し、内部で膨らんでいきながら、胃腸に刺激を与えていくのです。そのお蔭で、胃腸の働きが活発となり、消化や便通を促してくれます。食物繊維は胃では消化されずに腸に届き、そこで発酵分解されます。

腸内に生息するビフィズス菌を増やすのを助けてくれますので、腸内の善玉菌を増やし、腸内に留まる老廃物をきれいに掃除してくれます。これを摂ることで、どれほどの効果が表れるのかというと、2週間便秘気味の方にそれを摂取してもらったところ、6割以上の方に改善結果が見られているほどです。

健康面だけでなく、食品の性能をアップさせるためにも使われています。ビートファイバーを口にした覚えががないかもしれませんが、身近な物に添加されています。不溶性の食物繊維の中でもとりわけ、保水と油の吸収性に優れれているため、揚げ物等に加えることで、からりと仕上がるようになるのです。

冷凍食品やお惣菜の揚げ物でも、よく用いられています。また、パンのみずみずしさを保つためにも、乳化剤の代わりとして使われることがあります。天然成分から作られている機能性食品ですから、安心して口にできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ