寝る前にはちみつを食べるだけで脂肪が燃焼

はちみつは、みつばちが様々な花から集めてきた蜜を、巣に貯めたものです。花の蜜を運ぶ際には、みつばちがそれを口に含み、巣に持ち帰り口から出すのですが、ある程度口の中で消化吸収されていることと、巣の中で貯蔵される過程で濃縮されて、私達が普段口にしているはちみつができあがっていきます。

糖分が非常に高く、お菓子作りや食事に使われたり、喉が痛むときに薬の代わりとして使用されるなど、私達の普段の生活にとても関わりが深い食べ物の一つです。ほんの少量でも強い甘味を感じますので、体型を気にされる方には不向きと感じられがちですが、それを寝る前に摂るというダイエット方法が存在します。

方法も非常に簡単で、寝る1時間程前までに、大さじ一杯程度のそれをを摂るだけなのです。ただし糖分が気になりますから、加糖されていないタイプを使うのがおすすめです。その秘密は、それが成長ホルモンの分泌力を高めて、脂肪の燃焼を活性化してくれるからです。

お肌や健康のためにも、夜10時~2時の間に眠るのが理想だと言われています。それは、その時間帯に成長ホルモンが活発に分泌され、傷ついた細胞の修復が行われたり、新たな細胞が作られるからです。

そのホルモンが活発に分泌されるためには、質の良い睡眠をとっていることが条件なのです。それを寝る前に摂っても、睡眠の質が悪ければホルモンの分泌量は減ります。はちみつダイエットの効果を出すためには、質の良い睡眠をとれるように、配慮する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ