白色脂肪細胞が肥満の原因を作る脂肪細胞だった

脂肪細胞とは、脂肪を蓄積、合成、分解する働きがあります。さらにそれを働きに応じて、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の二つに分けることが出来ます。この細胞の増える時期は決まっており、体が大きく成長する時期に最も増えると言われていますが、それ以降も増える場合があります。

脂肪の付き方、燃焼度合いにもこの二つの細胞の働きが大きく影響しています。太り気味の方は、体に余分な脂肪が多くついていますが、それは白色細胞の働きによるものです。太り気味の方は、この細胞を人よりも多く持っています。これには、体内に残されている余分なカロリーを脂肪として蓄える働きがあるのです。

一方で褐色細胞は、余分なものを燃やしてくれる働きがあります。痩せやすい体質にするためには、褐色細胞を多く持っていることが鍵となります。
白色細胞が増える時期は、成長期の頃です。母親のお腹にいる胎児の頃から増え始め、成長期になるまで増えていくと言われています。

最近の研究で、低体重で生まれた赤ちゃんが将来的に肥満リスクが高くなる、といった研究結果が発表されました。それは成長すべき胎児の時期に、十分な栄養が蓄えられず、白色細胞が増えてしまうことが原因なのです。

また成長期に肥満になると、白色細胞の数が増えてしまうため、太りやすい体質になります。例え大人になってから痩せたとしても、細胞は残っているからです。成長期を過ぎてから太ってしまった方は、もともとの白色細胞が少ないため、ダイエットをしても成功する確率が高いと考えられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ