ヌートカトンの香りは脂肪を燃焼させ、病気のリスクを下げる

ヌートカトンとは、グレープフルーツ、オレンジなどの実の部分に存在する成分です。アロマ療法などで、その香りが用いられることがありますが、その香りをかぐだけで、ダイエットと健康効果を得ることができるのです。

人間には、交感神経と副交感神経があります。日中活動しているときは交換神経が活発に働き、休息する時間帯は、副交感神経が優位に働くようになります。この働きは、自律神経の働きによりコントロールされているのですが、強いストレスの影響などで、そのコントロール機能が乱れてしまうケースが増えているのです。

脂肪の燃焼効果を高めるには、交感神経に働きかけるのが有効です。ヌートカトンは、交感神経に刺激を与えて、脂肪の燃焼に効果的な物質の分泌を促してくれるのです。またその香りには、食欲を抑える働きも持ち合わせています。ダイエット中は、食べたいものを我慢しなくてはいけないことが多々でてきます。

その香りを嗅ぐことで、満腹中枢が刺激されて、無理せずに食べる量を調整できるようになるのです。脂肪の燃焼効果がアップすることで、中性脂肪が原因で起こる病気のリスクも低減できます。中性脂肪が増えすぎると、血液がドロドロになり、動脈硬化などの危険性が高くなります。

脂肪が燃焼されるときに、血液中のそれの燃焼も、助けてくれるからです。また、中性脂肪が作られるときには、ある酵素の働きが関係しているのですが、その働きを阻害する効果もあるため、生活習慣病予防としてもおすすめなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ