乳糖の効果と、乳糖不耐症の治療方法について

乳糖とは、母乳や牛乳に含まれており、ブドウ糖とガラクトースという二種類の糖が結合されることでできた糖です。その健康効果は、体内に取り込まれてエネルギー源として使われること、腸内環境を整えて便通を良くすること、体の構成要素となるなどが挙げられます。

しかしながら牛乳を飲むと、お腹がごろごろしたり、下痢をしたりしてしまう方が中にはいらっしゃいます。それは乳糖不耐症という病気の一種だと考えられます。牛乳を飲むと、それが体内で消化されるのですが、それを消化するための酵素が不足することで起こるのです。

その病気が起こる原因としては、生まれつきその酵素を持っていない先天的な原因か、小腸の内部で異常が起こり、酵素が生成されなくなる後天的な原因の二つです。もともと日本人には、牛乳を飲む習慣がなかったため、それを分解する酵素を持っていない方も少なくはないのです。

欧米人は昔から牛乳を飲む習慣があったため、分解酵素を多く持っており、その病気の方が少ないのです。治療により、こうした症状を改善することができます。まずは乳糖成分を含む食品を除去することです。その病気の方のために、成分を含まない牛乳が販売されていますので、それで代用が可能です。

牛乳が飲めないと、カルシウム不足を心配される方もいらっしゃるでしょう。特に成長期のお子さんには、積極的に取らせたい栄養素だからです。そこでヨーグルトやチーズなどの乳製品の発酵食品であれば、既にそれが分解されているため、問題なく摂ることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ