二重あごはなぜ出来るのかその三大原因を紹介

二重あごと聞くと、太った人がなるというイメージを持っていませんか。太っている方で、あごの部分が二重になって居る方に、大変多くみられるからだと思います。しかし、原因はそれだけではありません。二重あごの主な原因は、3つあります。

まず一つは肥満です。これは多くの方が既にご存知の原因かと思います。肥満になると、余分な脂肪が体全体につきます。顎にもそれが蓄積されてくると、重力より垂れ下がり、フェイスラインがたるんでみえてくるのです。

また首の部分にも、脂肪がついてきますので、首と顔の境界部分がわからなくなり、二重どころか三重、四重に見える方もいます。
また、筋力の低下も原因です。人間の体は、全身に筋肉が張りめぐらされています。ご存知かと思いますが、筋肉は使わなければ、衰えます。

顔や顎にも筋肉があり、それもまた、使わなければ簡単に衰えてしまうのです。普段柔らかい物ばかりを選んで食べている、よくかまないで食べている方は要注意です。現在は問題ないかもしれませんが、将来的にあごの筋肉がたるんでくる危険性は、かなり高いといえるでしょう。

顔のたるみは、老け顔を作る原因でもありますから、顔の筋肉を意識して、動かすようにしましょう。そして、姿勢や、かみ合わせもあごの形に影響を与えます。姿勢が悪い方は、ネコ背になるため、自然と顎の部分が前のめりになります。

その状態が顎の筋力を使うことを、阻害するため筋力が弱まっていきます。また歯並びが悪い等の理由で、かみ合わせがよくないと、顎の形が悪くなりがちです。それが顎のたるみを作ってしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ