ストレッチマークとは急激な体の変化が原因

ストレッチマークとは、皮膚がひび割れを起こしたような状態のことです。別名、肉割れや妊娠線とも呼ばれます。その原因は、妊娠や過激なダイエット、成長期に体が急に変化することで起こると言われています。お子さんから大人まで、多くの方が悩まされているのです。

ストレッチマークができてしまうと、多大なストレスを受けます。肌の露出が増える季節には、服装によってはそれが見えてしまうため、気にかかって仕方なくなるのです。見た目だけでなく、かゆみなどの不快な症状も出てくるので、余計にストレスが溜まります。

もしもそれができてしまったら、自分でケアすることで改善が期待できます。肌の乾燥が原因ですから、クリームかオイルを使って、気になる部分をマッサージするのが効果的です。専用のクリームも販売されているのですが、オイルのほうが全身への伸びがよく、皮膚への吸収も早いです。

両方使ってみて、自分の肌に合う、使いやすいと思う物を選んでみましょう。またオイルやクリームを塗った後の肌は、しばらくべたついています。そのためすぐに下着や服を付けると、それが衣類に吸収されてしまうため、乾くまで待つか、パウダーで押さえてから着用するのがおすすめです。

ストレッチマークが出来る前に、普段から予防ケアをしておくと効果的です。最も効果的な時間帯はお風呂上がりです。その時は肌が最も乾燥しやすくなっていることと、毛穴が開いているので、潤い成分の浸透が良いからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ