肉割れとは何か、起こる原因と対策方法とは

肉割れとは、皮膚の表面の滑らかさが失われ、ギザギザの線がついてしまい、皮膚がでこぼこになる現象のことです。別名、妊娠線やストレッチマークとも呼ばれています。

なぜこれが起こるのかというと、皮膚の奥の部分である真皮層でコラーゲンの繊維が破壊されてしまうからです。コラーゲンはお肌に適度なハリや潤いを与えるために、欠かせない成分であるため、それが不足したり無くなってしまうと皮膚の水分が失われるのです。

その結果皮膚が硬くなり、肉割れを起こしてしまいます。
その症状を引き起こす原因は、様々です。コラーゲンの量が大人より豊富な、お子さんにも起こり得るのです。

年齢を問わず急激な体型の変化が起こると、皮膚が急に大きく引っ張られる、縮んでしまうことでそれが起こります。お子さんの場合は、成長期に急激に身長が伸びてしまう、胸がふくらむようになる、運動により短期間で筋肉を鍛えるなどの要因が、考えられます。

肉割れの解消法は、角質除去と、保湿に限ります。角質除去でお肌のターンオーバーを促し、古くなった角質をお肌からはがすことができるためです。お肌の再生能力を高めることができれば、トラブルに強くなります。その後の保湿により、肌に十分な潤いを与えましょう。

肌が乾燥すると、かゆみを感じるかもしれませんが、余計に症状を悪化させてしまうので、絶対にかいてはいけません。
妊娠線ならば、徐々にお腹が大きくなっていくことが予測できますので、妊娠してからすぐに予防用のクリームでケアしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ