軟水の特性と見分け方について、おすすめの飲み方

水は水道から飲むものではなく、買う時代になりました。ミネラルウォーターを購入するときに、何を基準に選んでいるでしょうか。種類で選ぶ方も多く、ラベルを見てみると、水の種類が書かれているのを目にすると思います。販売されているものは、硬水と軟水に分けられます。

その違いとは、水一リットルあたりに含まれるミネラルの量です。カルシウムやマグネシウムのミネラル類が含まれているのですが、硬水はその量が基準値より多く、軟水は基準値より少ない水です。

日本の各地でも、ミネラルウォーターが採取されていますが、その多くはミネラル成分が少なめです。一方、欧米諸国で採取されるのは、硬水の方が多いと言われています。その理由は国土の広さと関係しています。欧米諸国は陸続きのため、その国土は広く、雨が降っても地下に染み渡るまでに時間がかかります。

それが湧水となって出てくるときには、地中のミネラル成分をたっぷりと吸って、出てきます。一方で日本は、国土が狭いため雨水が地中に留まる時間も短いため、ミネラル分の少ない水がほとんどなのです。

この成分が多いと、健康や美容面でも一定の効果が期待できるのですが、それ独特の匂いがありますので、日本人の私達にとっては飲みにくいと感じるでしょう。飲み過ぎることで、お腹が緩くなってしまうこともあります。料理に使う時も、匂いが料理の味に影響することもあります。軟水は飲料用から、お茶、料理にまで幅広く使っていただくことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ