余分な脂肪の分解を促す杜仲茶でダイエット

杜仲茶は一時期、ダイエットに適したお茶として話題を集めました。それに含まれるグッタペルカという有効成分が、体内に溜まっている余分な脂肪の分解、排泄を促してくれるからです。さらには、脂肪の代謝を促進する成分、ゲニポシド酸も含まれており、体内で脂質代謝を行ってくれる肝機能の働きを高めてくれます。

ダイエット中は、食事制限等で、ストレスが溜まりがちですが、高ぶった神経を癒してくれる効果もありますので、健康的に痩せたいと願う方にはおすすめのダイエットティーの一つです。

ダイエットの方法もとてもシンプルで、水分補給に杜仲茶を飲むだけです。今まで飲んでいた水や、お茶をそれに変えるだけでよく、ノンカフェインなので、寝る前に飲んでも睡眠を邪魔することもありません。可能であれば、冷やして飲むよりも、温めて飲むことをおすすめします。

冷たい物の摂り過ぎは、臓器も冷やしてしまって、その働きを鈍らせてしまいますが、温めることで、臓器の働きも活性化し、ダイエット効果も高まります。
ところが、一つ難点があり、杜仲茶の味はクセが非常に強いため、好き嫌いがはっきりと分かれてしまうことでしょう。

どうしても飲むことができないときは、麦茶などの他の飲みやすい飲み物で割ってから飲んでもよいのです。特に大きな副作用に関して報告はありませんが、人によってはおなかが緩くなってしまうこともあるようですので、自分の体に合うのかを確かめるためには、少量ずつ飲み始めてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ