動物性脂肪の摂り過ぎはなぜ体に良くないのか

脂肪は摂りすぎると、健康に良くありません。ダイエット方法の中には、それを極端にカットする方法もありますが、適度な量は健康を維持するために必要です。それにも種類があるのですが、ダイエットや健康の事を気にするのであれば、動物性脂肪の摂り過ぎに注意をしなくてはいけません。

それは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸により構成されており、体にとって重要な役割を果たしてくれるのが、後者です。血中に含まれているコレステロール値を下げてくれるため、生活習慣病予防にも役立ちます。

一方で前者は、逆に血中に含まれるコレステロールの量を増やしてしまうのです。
コレステロールの量が増えると、高脂血症や、高血圧を引き起こしてしまい、最悪命を落とす危険性を高めてしまいます。その原因を作るのが動物性脂肪で、それを多く含む食品は、バター、肉、ラード、チーズ、卵などです。

肉類が好きな方、そしてケーキやお菓子などを食べることが多い方は、多量に摂取していると考えられます。
血中コレステロール値が高いと診断されたら、食事を見直すことから始めましょう。動物性脂肪を多く含む食品の量を、減らすように努めてみてください。

そして血中コレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸を多く含む食品を、意識して摂りいれます。それはオリーブオイルや青魚に多く含まれています。喫煙や飲酒の習慣がある方も、コレステロール値が上がりやすくなりますので、摂取量を減らす、やめることも考えてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ