トウガラシチンキで体内から脂肪を燃焼させる

トウガラシチンキとは、トウガラシの実から抽出されたエキスのことです。それにはカプサイシンという成分が含まれており、発汗作用を促してくれることはご存知かと思います。韓国料理には、トウラガラシがさまざまな料理でたくさん使われており、寒い冬に体を温める目的でそれを食べることも多いのではないでしょうか。

消化を促進してくれる効果もあり、胃腸が疲れている、食欲がない時にそれを摂ると、弱っている胃腸に刺激を与え、その活動を活性化し消化を助けてくれるでしょう。ただし効き目が強いため、摂りすぎると、かえって胃腸を痛めてしまうので、摂る量には注意しなければいけません。

体を温めてくれる効果が高いため、ダイエットにも適しています。それを食べるだけで汗が出てくるのは、体の内部で熱を作り出してくれているからです。運動不足や不規則な生活により、体が冷えている方は代謝が鈍っているため、ダイエットの効果が表れにくくなります。

内部から温めることで、臓器の働きも活性化し、内部で溜まっていた脂肪が燃焼しやすくなるので、冷え性でお悩みの方には、その改善とダイエットの効果の両方が期待できるでしょう。

トウガラシチンキは刺激がとても強いため、摂取には注意が必要で、摂りすぎにより、体を壊してしまう可能性があり、また辛い物が苦手な方にとっては、食べるのが苦痛かもしれません。豆乳等で割ると辛みが軽減されるますのでおすすめです。それでも辛いと感じる方は、サプリメントが販売されていますので、試してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ