高血圧予防だけではない田七人参の成分とダイエット効果

田七人参は中国が原産の食品で、これが注目を浴びるようになったのは、高血圧の改善、コレステロール値を下げるなどの健康に良い効果をもたらしてくれるからです。高麗人参は漢方薬によく使われる食品として、有名ですが、それよりもさらに田七人参には高い健康効果が期待できると言われています。

その主成分はサポニンと呼ばれる成分なので、高麗人参の7倍以上も含まれているのです。サポニンには血液中の毒素を排出し、流れをサラサラにしてくれる働きがあります。血液循環が良くなると臓器の負担も軽減され、機能も回復されていくでしょう。

サポニンだけでなく、鉄分やカルシウムなどのミネラル類も豊富に含まれているため、体の調子を整えてくれ、それ単体で、必要な栄養素の多くを賄うことができます。
田七人参は、健康だけでなくダイエットにもおすすめです。

ステロールという成分も含まれており、それが血中のコレステロールを減らしてくれ、また血液のめぐりがよくなるため、代謝機能も活性化され、脂肪の燃焼が促されるようになるのです。ダイエットや健康にとても魅力的な食品なのですが、日本でそれを栽培し食べるのは簡単ではありません。

収穫できるようになるまでに、何年もの歳月が必要になるため、食べられるようになるまでとても時間がかかるのです。おまけにそれ自体に固さがあるため、通常の食事に取り入れるのも難しいので、サプリメントで摂取することをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ