低血糖症の人におすすめのダイエット方法とは

近頃、低血糖症で悩む方が増えていると聞きます。これはインスリンの分泌が上手く制御できなくなることにより、引き起こされる症状のことです。近頃、糖尿病とその予備軍が増えていると言われていますが、それもまたインスリンという物質が大きく関係しているのです。

血糖値の急激な上下により、すい臓が正常に機能しなくなることにより起こります。そして、常に血糖値が下がり続けた状態になり、脱力感、疲れやすいなどの症状が出てきてしまうのです。

その原因は、精製された糖分を多く摂るようになったためといわれており、私達が普段口にしている白米、うどん、パスタ、ケーキなどは全て十分に精製された糖質類といえるでしょう。それは口に入ると、体への吸収も早いため値が急上昇し、その調節機能を乱してしまいます。

現代人に多い低血糖症ですが、そのような方でも食事で血糖値をコントロールする方法でダイエットが可能です。この値が下がると、つい食べすぎてしまうため、食事で摂取カロリーを制限します。低血糖症の方は普段の食事で、糖質類を多くとりがちなため、それを減らす食事に改善するのがおすすめです。

体のエネルギーとなる炭水化物でも、種類によってそれが上がりにくいタイプと、その逆のタイプがあります。血糖値の上昇を抑えるなら、白米よりも玄米、パンも精製された小麦粉を使ったものではなく、全粒粉のパンを選ぶようにしましょう。また野菜類でもイモ類やかぼちゃは甘味が強いため、血糖値を上げやすいので避けるべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ