チンニング(懸垂)を行い筋力アップをし代謝を促進しよう

チンニングとは、懸垂のことです。懸垂は腕の筋力アップのために行うトレーニングだと思っている人も多いでしょう。しかし、実はダイエットにも高い効果を発揮します。チンニングを行うと、力こぶや前腕部分はもちろん、脇の下や背中全体、胸、肩甲骨部分などさまざまな部位の筋力アップが望めます。そのため上半身痩せをしたい方には良いでしょう。

懸垂を行うためには、チンニングスタンドもしくは高い鉄棒やうんていなどが必要です。身近に公園がある人は、公園などに出向いてトレーニングを行いましょう。また、インターバル測定をした方がよりきちんとしたトレーニングになるので、時計やストップウォッチもおすすめです。

基本フォームは、両手でバーを握ってぶら下がり、手幅を肩幅より広く開いた姿勢から始まります。そこから、顎がバーの上に行くように両肘を曲げて体を持ち上げ、両肘をしっかりと伸ばしましょう。これを続けることで、どんどん筋力が強化されていきます。

自分の体を両腕で持ち上げるので、決して簡単なトレーニングではありません。最初のうちは軽く持ち上がるだけでも良いでしょう。どうしても持ち上がらない人は、腕立てなど難易度の低いトレーニングから始めても良いかもしれません。

反動を使わないようにして、筋肉を意識し、一回一回しっかりと持ちあがるようにトレーニングを行いましょう。体全体の筋力がアップすれば代謝促進に繋がり、どんどんダイエット効果を実感します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ