さまざまな腸もみマッサージの方法と効果について

腸もみダイエットには、さまざまな種類があります。小腸を揉んでむくみを取ったり、大腸を揉んで便秘を解消したり、くびれを作るために腸をもむ方法などです。
どの方法も基本的には仰向けになってひざを立てて、リラックスした姿勢で行います。呼吸を意識し、腹式呼吸を行いながら筋肉を緩めてマッサージをしていきましょう。

リラックスしてあわてずに、丁寧に行うとより効果的です。
むくみを改善するマッサージは、おへそを中心として半径4㎝から8cmほどの円周を刺激するように揉んでいきます。

特に、おへその真上、左斜め上、左斜め下、真下、右斜め下、右斜め上の6部分は重点的に揉みましょう。
時計回りに順番にマッサージしていってください。指先を揃えて呼吸に合わせながらゆっくりと一周揉んだ後に硬い部分を揉み解すようにすれば、高い効果を得られます。

便秘を改善したい場合は、大腸を中心にマッサージしましょう。ひざを立てて仰向けになったまま、右足を左足の上に組んでひざを右側に倒してください。この姿勢のまま、左手で骨盤と肋骨の間のわき部分を押して、ゆっくりと呼吸をしながら刺激をしていきます。このマッサージで大腸の左側と下行結腸が刺激され、便秘改善効果を得られるでしょう。

腸もみには他にもさまざまな方法があるので、自分の便秘の状態や痩せたい部分に合わせて方法を見つけましょう。即効性が高く、確実に効果が得られるダイエット方法だと評判です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ