生理前に大豆イソフラボンを摂取すると痩せやすい体になる

大豆イソフラボンは、美容効果が高くスキンケアなどによく含まれている成分です。体内に取り込まれると女性ホルモンと似たような働きをするので、女性らしい美しい肌を作り上げてくれるでしょう。そして、美容効果だけではなくダイエット効果も注目を集めています。

ダイエット目的で大豆イソフラボンを摂取する場合は、生理の一週間前に飲むようにしましょう。生理の前の期間は、体内でプロゲステロンが発生しホルモンが上昇します。そして、エネルギーや栄養を蓄える準備に入るので、体内では代謝機能が低下し、痩せにくい体質になってしまうでしょう。

しかし、女性ホルモンに近い成分を摂取することでプロゲステロンンの発生を抑えることができ、生理前に太るのを防ぎます。
月経が終わると、今度はエストロゲンが発生し代謝を促進してくれるので、月経後10日間は比較的痩せやすい期間になるでしょう。

エネルギーが蓄えられず、そのままの状態で生理期間中にエネルギー消費を行うので、自然と痩せられます。もちろん日頃から大豆イソフラボンを摂取していても大丈夫です。飲み続けることで、美肌効果や保湿効果はもちろん、女性らしいボディラインに近づきバストアップも得られると言われています。

しかし、女性ホルモンは過剰摂取をしてもいけません。体に良い栄養だからといって、取り過ぎてはホルモンバランスが不安定になってしまうでしょう。一日の摂取量を見極めるようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ