単品ダイエットのやり方と危険性と食材について

単品ダイエットとは、名前の通り、一つの食品や食材にこだわり、その食品のみを食べて行うダイエットです。低カロリー食品のみを食べ続ければ確実に痩せられます。しかし、一定の栄養しか得られないため健康面での不安がありますし、あまりおすすめ出来ない方法でしょう。

基本的なダイエット方法は、朝昼晩全ての食事を一つの食材のみで済ませるというだけのとても簡単な方法です。費用も手間もかかりませんし、スーパーに行く時間がない人や自炊をする習慣のない人でも簡単に続けられます。間食は当然NGとなっていて、水分も水のみが基本です。

単品ダイエットで使用される食材は、リンゴや茹で卵が多いでしょう。どちらも適度に栄養があり、ビタミンCやタンパク質などが豊富に含まれていますが、どうしても栄養は偏ってしまいます。

そのため最近は、単品ではなく一食のみの置き換えダイエットも話題とです。単品ダイエットは三食とも同じ食品で、置き換えは一食のみ置き換えるだけでダイエット効果を得る方法です。特にカロリーを摂取しやすい夜の食事を低カロリー食品に置き換えることが多いでしょう。

三食同じ食品を食べる方法よりも効果は低いものの、一食のみなので栄養の偏りも少なく、ストレスも溜まりにくく続けやすいと評判です。栄養の偏りが気になる人は、食事だけではなくサプリメントでの栄養補給も行うことをおすすめします。サプリメントなら、ノンカロリーで栄養の補給が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ