ダイエットに嬉しい効果がある脂質の一種・多価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸は脂質の一種であり、エネルギー源や体の構成成分となったり、体内で中性脂肪やコレステロールの量を調整する働きがあります。そのため、健康になりたい方はもちろん、ダイエット中の方にも欠かせない栄養素でしょう。

他にも脳神経の発達やアレルギー症状の緩和など、他の脂肪酸と比べて体に対するメリットが多い脂質として知られています。
オリーブオイルは普通の脂に比べると、ダイエット効果や健康効果が高いと言われています。なぜなら、多価不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸が含まれているからです。

体内に取り込まれると悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化を防止します。体に良い善玉コレステロールは減らさず、悪玉のみ退治してくれるので、非常に優秀な成分です。また、酸化しにくいという特徴もあるので、体内で長い期間しっかりと働いてくれるでしょう。

他にも、魚の脂に多く含まれているイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸も多価不飽和脂肪酸の一種です。これらは体内で中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールを増加したり、血栓が出来るのを防いでくれます。

逆にこれらの成分が不足すると、皮膚炎が起こりやすくなってしまったり、集中力低下や発育不良などが起こる可能性があるので、特に成長期の子どもにはしっかりと摂取させるようにしましょう。このように、高カロリーで体に悪いという印象が強い脂質の中には、ダイエットや健康に良い種類もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ