美容外科で起こるダウンタイムとダイエットの施術

美容外科などで施術を行い、美肌やアンチエイジング、ダイエットを行う人が増えています。昔は高額で危険性も高いイメージが強かった美容外科の診療ですが、最近は比較的低い金額で安全性の高い施術を受けられるようになりました。また、メスを入れない施術であれば、ハードルが低く感じ、施術を受けられるのでしょう。

しかし、美容外科での診療でネックなのが、ダウンタイムです。高い効果を実感できる手術で、すぐに効果が表れるものはあまりありません。ダウンタイムとは、手術後にむくみや腫れなどが改善し、日常生活を送れるようになるまでの期間をいいます。

効果が高い手術や、メスを入れる手術であればあるほど手術後の変化が大きく、体に違和感がなくなるまで時間がかかってしまいます。また、手術中に出来た赤みやむくみが取れるまでの期間は個人差があり、同じ手術を受けたとしても数日で改善する人もいれば、数か月かかってしまう人もいるでしょう。

ダイエットの施術にも、もちろんダウンタイムはつきものです。特に、脂肪吸引は部分痩せを行いたい人にとっては有名な施術でしょう。機械により人工的に脂肪を吸引するので、術後は腫れやアザが出来てしまう事も多いでしょう。元の肌色に戻るためには、2か月から3か月かかってしまう事も多いと言われています。

最近は、メスを入れずに痩身効果を得られる、メソセラピーやカーボネットなどの人気も高くなってきています。術後の注意点や費用、効果をよく調べた上で、美容外科の施術を受けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ