大腰筋をエクササイズしてシェイプアップをしよう

背骨の中央から太股の骨をつなぐ、上半身と下半身のつなぎめとなっている筋肉を大腰筋といいます。正しい姿勢を作る上でとても重要な筋肉であり、この部分を鍛えることが出来れば美しいウエストラインが完成するでしょう。

鍛えることが難しい部位に思えますが、実は簡単なエクササイズでも筋力アップ効果を得られる部分なので、ダイエットをしたい方はまずは大腰筋を鍛えてみましょう。
お腹の周りは、脂肪による厚みはもちろんお腹の中のインナーマッスルが弱まっていることが原因で厚くなっている可能性があります。

このインナーマッスルをしっかりと鍛えることで、体の内側の筋肉が鍛えられ、シェイプアップ効果を得られるでしょう。また、体型だけではなく猫背やお尻の垂れなどの改善にも効果的です。

大腰筋を鍛える主なエクササイズは、太ももを上にあげて足踏みをしたり、床にあおむけになってひざを立てて寝転がりながら両足を浮かせてサイクリングの要領で足を動かしたり、股割りストレッチを行う方法などがあります。

どれも決して難しくはなく自宅でも簡単にできますし、効果を得るためには若干時間はかかりますが、少しずつ確実に筋肉増量の効果を得られるでしょう。

腰や足に負担がかかるエクササイズなので、過剰に腰の伸展をさせないように、痛みが出ない程度に抑えて行いましょう。また、腰痛やヘルニアなど腰に疾患がある人は医師に相談をしてからエクササイズを行ってください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ