体組成計で体の筋肉量や脂質量を測定してダイエットや健康に活かそう

体重計は体重を計測する機械で、体脂肪計は体脂肪を計測する機械です。では、体組成計は何を計測するための機械なのかというと、体が何で出来ているかのことであり、脂肪や筋肉、骨、水分などを細かく分けた数値を計測できます。この数値を計るだけで、体内の筋肉量も脂質量もわかるので、ダイエットにも良いでしょう。

なぜ体組成計がダイエットに良いのかというと、体重が減ったり増えたりリバウンドした仕組みがわかりやすいからです。たとえ体全体の重さが減ったとしても、筋肉が減っただけでは基礎代謝も下がってエネルギー消費量が減り、リバウンドしやすい状態になってしまうでしょう。

計測をすることで、重さだけではなく体の体脂肪も筋肉量も知れるので、筋力低下が原因でリバウンドが起こるかもしれない、という事実がわかります。
また、人の脂肪にはさまざまな種類があり、見た目ではわかりにくい内臓脂肪のせいで太っている人もいます。

内臓脂肪は見た目はそこまで太っていないのに、体重が重い人に多く付いている脂肪です。そんな内臓脂肪の量も、体組成計なら計測をすることができます。内臓脂肪が付き過ぎると、生活習慣病である肥満や高血圧になる可能性も高く、臓器がどんどん圧迫されてしまいます。

ダイエット目的はもちろん、健康を維持するためにも、定期的に測定して自分の体の組織の重さを知っておくことをおすすめします。自分の体のデータをよく知ることで、ダイエットにも健康にも活かせるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ