代謝を促進してダイエットの効率をアップするには

人は生きていく上で食べ物を得てそれをエネルギーに変える代謝を行って生命維持をしています。呼吸や体温調節など、さまざまな生命維持をするにはたくさんのエネルギーを消費しなければいけませんし、もちろんこれ以外にも歩いたり、勉強をしたり、仕事をしたりと日々たくさんのエネルギーを使います。

人が消費するエネルギーのことを基礎代謝といい、この数値は14歳から16歳をピークにどんどん低下していくでしょう。
基礎代謝が活発に行われていれば、運動をしなくても日々エネルギーの消費が活発に行われるので太りにくい体になるでしょう。

逆に低いと人と同じ量だけ運動をしてもなかなかエネルギーが消費することができず、太りやすい体になってしまいます。ダイエットをする上でこれを活発にすることはとても大切な事です。

朝食をしっかりと食べ筋肉量を増やし、有酸素運動を取り入れ血行促進を行い、適度な運動を取り入れるだけで簡単にアップします。これらを実行するだけでどんどん痩せやすい力に近づいていくでしょう。人の体の中で一番エネルギー消費が多いのは、筋肉です。そのため体に筋肉が多くついていればついているほど、太りにくい体となります。

また、体温を上げる方法もおすすめです。体温が上がれば血流促進にも繋がりますし、リンパの流れも活発になり、ホルモン分泌もしっかりと行われるようになり、ダイエット効果も得られます。温かい服装を心掛け、温かい飲み物を飲み、しっかりとした食生活に気を配るだけでも、体温が上昇してダイエットの効率もアップするでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ