ダイエットのせいで体臭が悪化する現象・ダイエット臭

ダイエット中は、体臭が変化しやすくなってしまうでしょう。なぜなら十分な栄養を摂取できず、体内器官が十分に働くことな出来なくなってしまい、悪臭の原因を対処することが難しくなるからです。

栄養不足で体が飢餓状態になればなるほど体臭は悪化し、最初は汗臭いと感じる程度ですが徐々にアンモニア臭がするようになり、最終的には甘酸っぱさが漂うようになります。ダイエット中に変化した体臭は、ダイエット臭と言われています。ダイエット臭の第一段階は、体内のタンパク質や炭水化物不足から始まるとされています。

栄養が足りないと、体内では中性脂肪を燃やし、エネルギーの元を作ろうとします。中性脂肪から作ったエネルギーは臭いに特徴のある脂肪酸へと変化していくでしょう。この脂肪酸が汗とともに排出されるときに、汗臭さをさらに強くしたような脂肪臭が感じられるようになるでしょう。

この脂肪臭が悪化すると、第二段階へと進行していきます。体内のエネルギーだけではなく酵素も足りない状態となると、体内で不完全燃焼が起こってしまいます。そのせいで疲労物質の乳酸が発生し、アンモニアと乳酸が結びつき、汗のアンモニア臭が悪化してしまうのです。

最終的には体臭は甘酸っぱい強いケトン臭を発生させるようになるでしょう。ケトン臭は飢餓臭と言われることもあり、栄養を摂らなければどんどん香りが強くなり、不快な香りをまき散らすことになってしまいます。正しいダイエットをしていれば、ダイエット臭を生み出すこともありません。しっかりと栄養を取りながらダイエットをしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ