便秘解消に高い効果を発揮するセンナについて

バラ目マメ科の植物であるセンナは、生薬によく使われてきました。本種の小葉の部分がよく利用されますが、日本国内では小葉はもちろん、果実も、葉柄も、葉軸も、医薬品に使われているのです。解毒効果があり便秘解消に高い効果を発揮する植物なので、便秘薬に使われることが多いでしょう。

センナに高い便秘解消効果があるのは、センノシドという成分のおかげです。この成分は、腸内の働きを活発化する力があり、硬くなった便の水分量を高めて柔らかくしたり、腸内細菌で胃腸を刺激して便秘改善効果をもたらしてくれるでしょう。

どちらも便秘には絶大な効果を発揮しますが、摂取することでミネラルバランスが壊れる可能性があるので、長時間の服用は止めるようにして、ミネラルを補給しながら飲みましょう。センナはとても高い効果を発揮する植物なので、日本国内では医薬品の取り扱いとなっています。そのため、サプリメントや健康食品に使用することは禁止されています。

しかし、お茶には小葉ではなく茎が使用されているため、健康茶としての販売は許されています。食品と医薬品は区別が難しいと言われていますが、茎を使用していれば医薬品に分類されないので、茎を使用したお茶の販売は安心して飲むことができるでしょう。

とても強い効果を発揮する植物なので、副作用で下痢や腹痛、吐き気などが生じる場合もあります。しかし、これらは個人差があり、即効性のある食品なので強い副作用がある事も考慮し利用するのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ