胃腸内のぜん動運動を活発化し、ダイエットにつなげよう

胃腸内ではぜん動運動が行われ、食べたものを送り出したり、消化、吸収しやすいように動いています。この運動が活発に行われなければスムーズな消化が行われませんし、消化をするために必要な胃液が十分に分泌されず、食べたものと混ざり合うこともないでしょう。

また、体内に摂取した栄養を十分に消化できないと胃もたれやむかつきが起こったり、便秘になってしまいます。
ぜん動運動が活発に行われない原因は、ストレスや不規則な生活が多いでしょう。ダイエット中で栄養不足の時は特に起こりやすいと言われています。

ダイエット中はどうしても十分な栄養を補えず、栄養不足に陥ってしまいます。しかし、腸内で栄養が消化できずに便秘になっては、ダイエットの効果も表れにくいでしょう。
腸内の運動を活発化するためには、まず、バランスのとれた食事をとらなければいけません。

特に食物繊維は便が柔らかくなり、便秘改善効果を発揮します。他にも十分な水分の摂取をすると、腸内がきちんと働くようになるでしょう。適度な運動も必要ですが、まずはきちんと栄養を摂取しなければ意味がありません。

もっとぜん動運動を活発化するためには、胃腸内が空っぽの時にお腹の中に何かを入れると良いと言われています。例えば、朝起きてすぐに冷たい水を飲めば胃腸内が刺激され、運動が生じ、便秘改善に繋がります。食べ物の消化吸収率も良くなり、ダイエットにも良い効果を発揮してくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ