体に良いHDLコレステロールと体に悪いLDLコレステロール

コレステロールは、体に悪い成分だという印象が強いでしょう。しかし、いくつか種類があり、体に良いコレステロールもあります。HDLコレステロールは善玉コレステロールとも呼ばれており、体に良い効果を与えてくれる物質です。逆に、悪玉、もしくはLDLは、体に悪い影響を与える成分となっています。

運動をたくさんするとHDLコレステロールが増え、体に悪い影響を与えるLDLはどんどん減少していきます。そのため、適度な運動をする習慣を身につけると、健康にもダイエットにも良い効果をもたらすでしょう。適度な運動をしている方はもちろん、閉経前の女性もHDLが豊富だと言われています。

なぜなら閉経前の女性は女性ホルモンの分泌が多く、女性ホルモンととても深い関わりがあるからです。
HDLコレステロールは体内で動脈硬化を予防し、血管内を綺麗にする働きがあり、体内で増加すると血管をめぐって体のさまざまな場所に行き渡り、血流促進を行います。

逆にLDLが増加すると動脈硬化のリスクが上がり、脂質異常症や生活習慣病になる可能性も高くなってしまうでしょう。血液中の中性脂肪の量が増加し、脂質異常症となってしまうのです。

脂質異常症は初期症状では気づきにくい病気であり、進行すると動脈硬化や心筋梗塞などさまざまな病気も引き起こしてしまいます。健康のためにも、適度な運動はもちろん、食生活を見直して健康的な生活を送り、HDLを増やしておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ