ダイエットが原因で起こる摂食障害と過食症・拒食症の症状について

過度なダイエットを行うと生じやすいのが、摂食障害です。体重を減らしたいなどの強い気持ちが引き起こす心の病気であり、一度起こると精神症状も起こりやすい病気となっています。痩せて綺麗になりたい、という気持ちはダイエットで大切ですが、過度なダイエットをし過ぎないように気を付けましょう。

摂食障害は、大きく分けて2種類です。拒食症は食事を拒む症状であり、体重を減らしたいあまりに食事をほとんど取らなくなってしまう症状のことをいいます。十分痩せていて、これ以上痩せる必要がないのに拒食症になると太っている、太るのが怖いなどの気持ちが強くなり、食べることができなくなってしまうのです。

過度の拒食症になると、無月経状態になることも多いと言われています。
過食症は、食べ過ぎてしまうことをいいます。ただ食べ過ぎるのではなく、一度の食事で大量に食べたり、間食をたくさんしたり、食べることでストレスを発散する状態が過食症に分類されます。過食症の人は、同時に過食嘔吐を引き起こすことも多いです。

過食嘔吐は、たくさん食べた後に自分の指をのどに入れて吐き出し、食べながらダイエットをする症状です。過食嘔吐の人は口内に指を突っ込むので手に吐きだこがあったり、歯が胃酸でボロボロになってしまったり、不整脈を引き起こしてしまうことが多いといいます。

過食症も拒食症も、とても危険な症状です。美しく痩せるためにも、摂食障害にならないよう気を付けながらダイエットをしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ