贅肉など体についている脂肪の種類やそれぞれの性質について

脂肪にはさまざまな種類がありますが、運動不足や栄養過剰などで、必要以上についた脂肪やお肉のことを贅肉といいます。体には適度な脂肪と筋肉が必要ですが、贅肉はきちんと落とさなければ健康に害が及んでしまうでしょう。

脂肪はお腹の肉をぐいっと引っ張った時につかめる部分の全般をいいますが、部位や質によってさらに種類に分けることが可能です。体脂肪は、体内のすべての脂質のことを表します。最近では測定できる体重計も増えているので、この数値を目安にダイエットをしている人も増えているでしょう。

適度な脂質は必要ですが、一定量以上は必要ありません。特にこの数値が30以上ある方は、ダイエットが必要でしょう。
中性脂肪は細胞の中のエネルギー源で、適度に有る一定の量は必要な脂質です。

アルカリ性でも酸性でもなく、中間の性質を持っている脂質であり、この値が大きすぎる人は血液中の脂肪量が多いため、病気になってしまう可能性があるでしょう。内臓脂肪は、名前の通り、内臓についた脂質のことをいいます。

内臓についた脂質は体の表面からはわかりにくく、見た目は太っていないけれども体脂肪が多い、という人は、内臓にたくさんの脂質がついている可能性があります。きちんと解消しなければ、メタボリックシンドロームをはじめ、さまざまな病気になってしまう可能性があるでしょう。このように、体の脂身にはいくつかの種類があり、それぞれ付いている場所も性質も違います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ