成長ホルモンの分泌とダイエットの関係性とは

脳の底、脳下垂体から分泌される成分のことを成長ホルモンといいます。これは主に、子どもの体を成長させるための成分であり、分泌されることにより骨や筋肉が増えたり、体の組織を正しく機能させたり、脂肪代謝を即す働きがあります。

普段は眠りについている成分ですが、空腹状態のときに多く分泌され、しっかりと眠り、過食しすぎず健康的な食生活を送っていればどんどん脳下垂体から送られてくるでしょう。
成長ホルモンは、ダイエットと深いかかわりがあります。

成長を促す物質なので体の成長に関わると思われがちですが、分泌されなければ体がどんどん老化し、若くない体付きになってしまいます。若い頃はウエストがしっかり引き締まった体付きだった人でも、年齢と共にどんどんウエスト周りに肉が付き、筋肉も衰え、太った印象になってしまいます。

ホルモンがしっかりと分泌されていれば、体の老化が進行せず、若くほっそりとした体形が維持できるのではないでしょうか。成長ホルモンを効率よく分泌させるためには、空腹時にトレーニングをすると良いでしょう。

フラフラの状態での過度なトレーニングは体に良くありませんが、適度にお腹が空いているときに軽いトレーニングをするとどんどんホルモン量が増大し、筋肉も付きやすくなります。最近は、ホルモン注射を打ち人工的に分泌量を増やしている人もいます。特に内臓脂肪が蓄積した人は注射を打ち、脂質の代謝や体力低下を改善することが多いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ