足痩せに効果的なスクワットのやり方について

スクワットは、気軽に出来る足痩せの運動方法です。しかし決して軽いトレーニングではなく、長時間行うとつらさを感じてしまいますし、筋肉がつき足が太くなるなどの不安も多いでしょう。しかし、いくつかの注意点を守りながら運動をすれば、余分な筋肉が付く事もなく、気になる脂肪を落とせます。

まず、スクワットは回数ではなくポーズを重視して行いましょう。一回一回の動作をしっかりと行うだけでも十分筋トレ効果を得られます。回数をこなす事ではなく、ゆっくりとしっかりと、ポーズをキープしながら継続してください。

呼吸を止めないことも大切です。運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類がありますが、呼吸を止めると無酸素運動になってしまいます。無酸素運動は筋肉を太くする原因であり、ダイエット中にはおすすめできません。ゆっくりと、呼吸も意識しながら続けましょう。トレーニングをする時は、膝を足の真上に来るように行ってください。

上下にまっすぐ動かすことで、余分な筋肉を付けずにダイエット効果を与えられるでしょう。足痩せの為に行うスクワットは、まず両足を肩幅程度に広げて両手を前に真っ直ぐ伸ばした状態から始めます。

ここから両手を前に突き出した状態のまま、足を少し曲げて、腰を少しずつ落とし、顎が膝の真上に来るような感覚でトレーニングをしていきましょう。最初から、腰と地面が平行になるまで体を落とすのは難しいでしょう。ポーズを意識しつつ、曲げられるところから少しずつ慣れる様にトレーニングを重ねて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ