ダイエットで摂取する栄養量は食事摂取基準を参考にしよう

厚生労働省策定では、『日本人が健康的に生活するうえで一日当たりに摂取すべきエネルギー量や栄養素量』を定め、食事摂取基準として発表しています。この数値は過去の研究成果から科学的に算出された基準値であり、たとえダイエット中でも食事摂取基準を満たす栄養量を摂るのが好ましいでしょう。

この数値は定期的に変更され、一度定められた数値は基本的に5年間の使用です。このデータで使われているエネルギーは、推定平均必要量、推奨量、目安、耐容上限、目標量の5つの指標が定義されていて、それぞれ定義が異なります。

推定平均必要量は、栄養不足を回避するための指標であり、対象集団の50%の人が必要量を満たすであろう数値のことをいいます。推奨量は、栄養不足を回避するための数値であり、この量を満たしていれば栄養不足を回避できる基準値です。個人の場合、この数から不足することはほとんどないでしょう。

目安は、栄養不足を回避するための指標で、耐容上限は過剰摂取による健康障害を回避するための数値です。最後の目標量は、生活習慣病を予防するための指標であり、健康的な生活を送るためには、この目標量を目指すのが理想とされています。

ダイエット中でも一定以上の栄養量を摂取しなければいけません。どこまで減らしても良いのか迷った時は、摂取基準を参考にして見ては如何でしょうか。適度な栄養を満たせば健康に害はありませんし、基準値以下であれば摂取不足で病気になってしまう可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ