ダイエットと深い関係がある女性ホルモンと生理周期

ダイエットは、女性ホルモンと深い関係があります。順調に体重が減っているのに急に停滞してしまった場合は、生理期間などが影響していることも多いでしょう。体のバランスをよく見極めれば、ダイエットを円滑に進めることが出来ます。

女性の体重は、ダイエット後の10日間に痩せやすいといわれています。逆に生理前10日間はホルモンバランスの影響で太りやすい時期です。そのため、生理前10日間に無理に痩せようとしてもなかなか成果が見られず、モチベーションも下がってしまうでしょう。

高いダイエット効果を実感する為にも、生理10日前から生理期間中は体重維持に努め、生理が終わってからダイエットをするようにしてみてはいかがでしょうか。

なぜ、痩せやすい時期と痩せにくい時期があるのかというと、エストロゲンとプロゲステロンのせいです。エストロゲンが出ている期間は体重が減りやすく、特に有酸素運動が効果的な時期です。逆にプロゲステロンが分泌されている期間は、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いでしょう。

生理前に食べ過ぎてしまうので、プロゲステロンが分泌されやすいからです。女性ホルモンは、卵巣で作られるエストロゲンとプロゲステロンのせいで定期的に変化し、コントロールされています。

これらの期間やエストロゲン、プロゲステロンの効果を知れば、痩せやすい時期と太りやすい時期が分かり、ストレスをためずにダイエットをすることができるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ