植物性脂肪と動物性脂質の違いと体に良い脂質について

肥満の原因で多いのが、脂質の摂り過ぎです。脂質は脂っこい食品に多く、揚げ物やファーストフードなどをよく食べる人は脂質の摂り過ぎで肥満になりやすいでしょう。しかし、脂が全ていけない訳ではありません。脂質は大きく分けて2種類あり、動物性脂肪に含まれている飽和脂肪酸と、植物性脂肪に含まれている不飽和脂肪酸があります。

不飽和脂肪酸は、体に良い脂質です。魚類だけではなくオリーブオイルなどにも良く含まれており、リノール酸やオレイン酸を摂取することが出来ます。オレイン酸はとても体に良い成分であり、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがあるため、ダイエット中の人やコレステロール値が気になる人には良いのではないでしょうか。

天ぷらや揚げ物などはダイエット中には絶対に食べてはいけない食品だというイメージがあります。しかし、どうしても食べたいときは植物油を使うと油分を軽減し、体に良い成分を補いながら油食品を食べることができるでしょう。

また、油食品と一緒に酸化防止効果のあるビタミンCも同時に摂取することをおすすめします。酸化防止効果を得ることで、体への悪影響を軽減できるでしょう。

動物性脂質は、飽和性なので体によくないという印象が強いですが、そういう訳ではありません。動物性と植物性、2種類の脂質は1対2程度の割合でバランス良く摂取することをおすすめします。バランスを考えて摂取をすれば健康にも良く、ダイエットにも影響を与えません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ