DIT反応の高める食事方法をして脂肪燃焼を行おう

ダイエット中は、低カロリー、低脂質、低糖質などわかりやすく脂肪になりにくい食品を選びがちです。しかし、カロリーだけではなく、DIT反応を高めることを重視した食事方法をはじめてみてはいかがでしょうか。食事から、脂肪燃焼効果を高められます。

DIT反応とは、食事誘導性熱代謝ともよばれる反応のことで、食事をしたときにエネルギー代謝が行われることをいいます。食事をすると、少しずつ体が温まっていきますが、これが導性熱代謝です。食事中に体が温まりやすい人は、太り難い人でしょう。そのため、この反応を高めることで太り難い体が手に入るのです。

基本的に、朝の方が飲食をして体が温まりやすい状態で、夜に近づくにつれてどんどん低下していきます。そのため、朝はできるだけしっかりとご飯を食べて、夜は少な目にご飯を食べるようにしましょう。また、DIT反応を高めるためにはよく噛み、ゆっくり時間をかけて食べる様にしてください。

しっかりと噛んで食べると自律神経が刺激され、ブドウ糖を燃焼するインスリンも分泌されます。噛む回数が少なければブドウ糖が燃焼しきれず、脂肪が体内に蓄積されてしまうでしょう。

また、よく噛んだ方が表情筋が鍛えられ、小顔効果も得られます。食品は味だけではなく、見た目もおいしそうな食事にすることも大切です。おいしそうな見た目、おいしそうな香りは中枢神経と自律神経を刺激し、体温上昇効果を得られ、誘導性熱代謝もアップします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ