ダイエットで重要な主菜は油分の少ないものを食べよう

おかずの中心となるものを主菜といいます。食生活では欠かせないおかずのメインであり、魚や肉、卵や大豆などで作られる料理であり、ダイエットのかなめにもなる部分でしょう。低カロリーかつ、タンパク質など必要な栄養をしっかりと摂れるおかずつくりを心掛けてください。

ダイエット中は、摂取カロリーを減らすために低カロリーなおかずを作りがちです。特に主菜は高カロリーな食事も多く、副菜のみでご飯を食べてしまう人もいます。しかし、人に必要な栄養を多く含んだおかずを食べなければ、脂肪を燃焼する事もできませんしもちろん日常生活にも影響してくるでしょう。

余分な脂を消す食事つくりをすれば体重増加を防げるので、適度な油分を含む主菜作りをしてください。脂を減らしたおかずつくりは難しいことではありません。たとえば、揚げ物を作らず、蒸したり焼いたり煮物にしましょう。これだけでもさまざまな料理が作れますし、カロリー削減になります。

食材を選ぶときは、脂身を減らす様に心掛けてください。脂身を多く含んだトロよりも赤身、ばら肉よりももも肉、ベーコンよりもハム、ロースハムよりもボンレスハムなど、似たような食材でも油分の少ない部位を選ぶことでダイエットにつながります。

鶏肉を食べるときは皮を取り除いたり、焼いて余分な脂をふき取るようにしましょう。また、牛乳は低脂肪乳や無脂肪乳、スキムミルクに、ドレッシングはノンオイルにすることでさらにカロリーを減少することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ