シュガーレスの食品は本当にダイエット中に良いのか

ダイエット中にはシュガーレスの食品を好んで選ぶ人が多いでしょう。砂糖がたくさん含まれている食品よりも、シュガーレスの食品の方が低カロリーでダイエット中でも安心して食べられる、という印象があります。しかし、砂糖成分が含まれていないだけでカロリーはしっかりとあるということをご存じでしょうか。

シュガーは砂糖という意味合いで、栄養表示基準のうえでは、1gに約4キロカロリーのエネルギーを持つ糖類が砂糖に分類されます。レスは砂糖の代わりに糖アルコールを使用している食品であり、カロリーは1gに約2,3キロカロリー程度となっています。

砂糖よりも若干カロリーが低いですが、カロリーがほとんど含まれていない、という訳ではありません。
糖アルコールとは、糖類を水素添加したものであり、キシリトールやソルビトール、還元水あめやマルチトールが分類されています。

最近はお菓子などに使わることも多く、通常よりも若干甘さが控えめという意味合いを持つでしょう。シュガーレスだからといってゼロカロリーというわけではありません。しっかりとカロリーが含まれていますし、十分な甘さもあります。ダイエット中はゼロカロリーの商品をおすすめします。

ゼロカロリーはカロリーが含まれていないので、ダイエット中でも安心して摂取をすることが出来るでしょう。しかしゼロカロリー食品は不十分かつ人工的な甘さの食品が多く、余計甘いものを食べたくなってしまうかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ