掃除などに使われる重曹に隠されたダイエット効果

重曹は、掃除によく使われるものであり、ドラッグストアなどで購入できます。掃除に高い効果を発揮し、値段もとても安いので購入をしたことがある人も多いでしょう。そんな重曹は、別名ベーキングソーダともよばれており、実はダイエットにも高い効果を発揮します。

加熱すると二酸化炭素を放出する力があるため、お菓子作り用の粉などに使われることもある成分であり、この膨らませる効果を利用し、空腹を防ぐというダイエットを行う人が増加中です。

ダイエット方法はとても簡単です。まず、お水200mlとレモン汁適量、そして重曹を0.5g用意しましょう。これらを全て混ぜて溶かして、食事と一緒に飲むだけで大丈夫です。レモン汁は、飲みやすくする為に加えるので、もしない場合は柑橘系の飲み物で代用をすることが可能です。

大切なのは、食事と一緒に飲むという部分でしょう。食事の前に飲むと逆に食欲を増進させてしまう可能性があります。レモンの酸と混ざり合ったベーキングソーダは、炭酸水となり胃の中で炭酸ガスという気体となります。胃の中が刺激され、発砲するため、普段よりも少ない食事量でも満腹感を得られ、食べ過ぎを防止してくれるでしょう。

ベーキングソーダは、ナトリウム化合物の中でも最も弱いアルカリの一つであり、腸内の動きを活発にする作用があります。とても高い効果を発揮してくれますが、飲み過ぎると腹痛や下痢になってしまう可能性があるので一日5g以下にしておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ