脂肪吸引よりも簡単で安全な脂肪融解レーザー

部分痩せをするためには、食事制限ではなく運動などでコツコツとダイエットをしなければいけません。きちんと運動をしていても、人によって痩せやすい部分は違うので、気になる部分のみに効果を与えるのは難しいでしょう。

もし、なかなか部分痩せができないようであれば、医療機関などに頼ってみると良いかもしれません。最近は医療技術が発展し、さまざまな部分痩せ療法が行われるようになりました。たとえば、脂肪融解レーザーです。これは、レーザーを使い痩せたい部分を直接分解するので、気になる部分に高い効果を与えられるでしょう。

局部麻酔を行い、1mm未満のとても細かいレーザーカニューレを挿入し、少しずつ体の細胞にレーザーを照射していきます。熱により脂質細胞の膜がどんどん破壊され溶解し、脂肪が減りダイエット効果を得られる方法です。

脂肪融解レーザーのメリットは、やはり気になる部位をピンポイントで痩せることが出来るという点です。リバウンドもありませんし、手術時間も10分から30分程度で終わり、体への負担も少なく、すぐに日常生活を送ることができるでしょう。もちろんデメリットもあります。

一度に大量に脂肪を減らせる脂肪吸引と違い、脂肪融解レーザーは少量ずつしか減らせません。そのため、多くの方は脂肪吸引と併用をして施術を行っています。また、安全性の高い施術ですが、場合によっては内出血や痛みが生じることも理解したうえで施術を受けてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ