脂肪吸引の方法とメリットデメリットについて

ダイエットをしてもなかなか思う様に脂肪を減らすことはできません。特に、気になる部分のみダイエットすることは、難しいでしょう。しかし脂肪吸引をすれば気になる部分のみ、痩せることができます。

余分な脂肪を吸い取る医療技術であり、部分的に簡単に痩せることが出来るので、ダイエットでなかなか効果を実感できない人やおなか、足など体の一部分のみ気になる人にはとても良い方法なのではないでしょうか。

やり方は、まず超音波でマッサージをして細胞を柔らかくするところから始まります。お肉が徐々に液状化されていくので、柔らかくなったところで先端に1~3か所穴をあけてカニューレを挿入し、脂肪組織に入り込ませていき、前後運動をさせてまんべんなく吸い込んでいくことで吸引が完了します。

現在は美容整形手術として多くの医療機関で行われていますが、この技術は1921年頃から行われ始めた施術です。当時ははっきりとしたデータもなく、危険もあった施術でしたが現在は研究も進み、安全で確実な手術となりました。

脂肪吸引のメリットは、やはりリバウンドすることなく、短時間で確実にダイエット効果を得られる点でしょう。ほぼ全身の脂肪を吸引できますし、効果も絶大です。

しかし、術後は腫れや痛みなどが生じることも多く、また脂肪膜が薄い顔などは効果を実感しにくいといわれています。麻酔トラブルが生じる可能性があったり、費用が高いところもデメリットなのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ